なぜ、ダンシングおにぎりにハマるのか。(2)

ダンシングおにぎりはどうなのか…。

少なくとも、見せるゲームじゃないと思う。
たまたま、家に遊びに来た友人に見せる事はあっても、基本的には一人でやるゲームだと思う。
楽曲を提供している作者の人は見せるのかもしれないが。
ダンシングおにぎり人口のほとんどはプレイヤーだから、やっぱり一人でやるゲームだ。

一人で、黙々とプレイする。
繰り返し練習する。
上手くなると、今まで出来なかったフレーズが出来るようになる。
更に難しい曲に挑戦していく
。新しい曲を求めていく。
まるで、修行をしているようじゃないですか?

そう、私はダンシングおにぎりは修行だと思う。
しかも、誰に課せられた訳じゃなく、自らが自らに課した修行だ。
修行をしたからといって、偉い訳でもない。
あくまで、純粋にダンシングおにぎりが上手くなるための修行。

ハッキリ言って、めんどくさい。
難しい。
やらなくていいなら、やらない。
ダルイ。

なんて人は、ダンシングおにぎりにはハマらないだろう。
きっと、ダンシングおにぎりにハマる人は、その修行によって、上手くなる自分が嬉しいのだろう。
困難な修行を乗り越えるのが快感なのではないか。
誰の為でもなく、自分の為だけに集中する。
一種の自己鍛錬。
こういう事が好きな人は、その集中力のベクトルを、別の方向に向けると、スゴイ力になるのかも知れない。
(しまった、なんかまとまってない!)

なぜ、ダンシングおにぎりにハマるのか。

みんなは、なぜ、ダンシングおにぎりにハマるのか?
このブログでは、ダンシングおにぎりの操作性はビートマニア、矢印が曲に合わせて流れてくるというゲーム性はダンスダンスレボリューション(7keyはポップンミュージック?)に近いので、これらの三つの音ゲーを同じ系統として考えていました。

しかし、ここに来て、それが間違いだと気が付きました。
私が、ダンシングおにぎりをやるのは、だいたい深夜。
それも、二時すぎなんかが多い。
そんな時間に一人でヘッドフォンを付けてやっている。
そして、ふと気が付く。
これって、ビーマニやダンレボとは根本的に違うよな。

ちょっと昔を思い出してみる。
ビーマニ、ダンレボの全盛期を…。

ゲーセンではギャラリーに囲まれていた。
そして、プレイに合わせて、合いの手や掛け声の応援隊。
2PLAYERSの競演。
そして、ビーマニでのフリープレイ。

これらは、みなプレイヤーとギャラリーによって成り立っていた、ある種、異様な空間でした。
お互いに知り合いじゃない。
ゲーセンで見かけた事はあっても、会話はしない。
それなのに、応援や魅せるプレイをしている。
そう。
ビーマニやダンレボは人に見せて、人を魅せるゲームでした。


じゃあ、ダンシングおにぎりはどうなのか…?

7keyをやりたい人!

どもっ!
今回も、ダンシングおにぎりの素晴らしい楽曲を紹介しているサイトを紹介します。
って、なんかややこしいですね。

さて、今回のサイトは「Destination ZERO」(旧INITIAL-T)です。
ここでは、様々なダンシングおにぎりの楽曲を紹介しているのですが、7keyの楽曲も多く紹介されています。
ってゆーか、実は、今回初めて7keyをプレイしたのですが、ヤバイですよ。
全然出来なかった。ちょっと、しょぼーんです。
もっと、修行しないと。
日々精進。

でも、他のオンラインゲームとかをやっていると、ダンシングおにぎりをやる時間が…。
コムルオンラインとか。
こんな事では、ダンおにマスターには、まだまだ遠いですね。

あ〜憧れの〜、ダンおにマスターに〜。なりたいな〜。ならなくちゃ〜。

ちなみに、Destination ZEROで紹介している楽曲で、title欄が白字のは、リンクが貼ってありません。青い文字のだけが、現在プレイできます。注意してください。
旧〜って所は、白字がかなりあります。
また、DanOni 旧Vol.1 、DanOni Vol.0 (現Vol.3) 、DanOni 新Vol.1 (現Vol.4)は収録曲の曲名からプレイするのではなく、各ページの「Game Start」から入って、ゲーム内で選曲をします。ビートマニアっぽいですね。

サイト紹介

最近、またダンシングおにぎりの配信サイトを発掘しています。
そこで今回紹介するサイトは「ふらっしゅおきば」です。
今更って気もしますが、このサイトはなかなか良いです。
曲一覧にあるcrankyさんのJ219 "Ura-Rokkou Mix"なんか改めてやってみるといいですよ。
44teru-kさんの咲き乱れ舞う梅の華は初めてやったのですが…。
ムズカシイ…。

ダンシングおにぎりって難しい曲が多いけど、そういった難しい曲でも、いい曲というか、いい運指の曲ってありますよね。やっぱり。
それが、ダンシングおにぎりの奥の深い所であり、また、みんながこれだけハマる原因なんでしょうね。
私としては、ダンシングおにぎりは曲の速い遅いよりも、リズミカルな運指がいいですね。
これがダンシングおにぎりの全てだと思いますよ、ホント。

そういった意味でも、「どぶウサギ&葉月ゆら」でも紹介した「こねこのぜんしん」は秀逸だと思いますよ。
「ほふくぜんしんにゃ〜」

そうそう、この「ふらっしゅおきば」では自分でダンシングおにぎりの曲を作る事が出来るのです。
イマイチ、作り方は判らないのですが…。
みなさんも、オリジナルに参加してみては?

ダンシングおにぎり以外の話

久しぶりに更新をします。

最近、忙しくって、なかなか更新をする暇がありませんでした。
これでも、一応社会人をやっているもんで。
お陰で、ダンシングおにぎりはあまりやっていません。
で、何をやっているかと言うと、昔返りをしていました。
これじゃ、わからないですか?そりゃそうだ。

実は、ダンシングおにぎりの元をやっています。
といっても、DANCE DANCE REVORUTIONじゃ無いです。
確かに、世間ではダンレボが元になったって言いますし、このブログでも、最初の頃にそういっています。

でも、やっぱり、元はビートマニアじゃないのかな?って思います。
スペースキーなんかは、ビートマニアでのスクラッチそっくりの使い方をしているし、キーで音を奏でる所なんかは、正にビートマニアって気がします。

実は、ビートマニアにはかなりハマったんですよ。
当時、プレステーションの1(最初のプレステ)で、ゲーム本体はおろか、追加のディスクはモチロン、専用コントローラまで揃えていたんです。
そう言ったものは大事に押し入れの中にしまっておいたのですが、急にやりたくなって引っ張り出して、ちゃんと起動するかドキドキしながら、電源オン!
ちゃんと起動しましたよ。もう、数年ぶりなのに。もちろん、本体は縦置きにしたけどね。

意外と、プレステを見直しました。
久しぶりにビートマニアをやって思ったのは、指が動かない!!って事。
もう年かなぁ。
でも、やっぱりイイよ。ビートマニア。
レゲェなんか最高だね。なんて、思いながらしっかりハマってます。
そんなこんなで、なかなかダンシングおにぎりをやる暇が無かったんですよ。

なんか、くだらないけど、近況報告でした。

ダンシングおにぎりストーリー2

しかし、ダンシングおにぎりってムズカシイ曲が多いよね。
まぁ、みんな趣味で作りたい曲を作っているから、当然凝った曲や、ムズカシイ曲になって行くって流れはわかる。
ただ、今の状態だと、新しくダンおにを始めた人にはちょっと厳しい曲が多いかな?って思いますよね。
だったら自分で、初心者用の曲を作って、提供すればいいのだろうけど、そこまでのスキルは無いんですよ。残念ながら。
結局、こういった自己満足なブログで、イイ曲を紹介するのが良いとこかな。

なんて、思っていたら、ダンシングおにぎりの修行に良さそうなのを見つけました。
「Dancing★onigiri★Story2」です。
なんか、ストーリー仕立てなんですけど、ストーリーはともかく、結構面白いですよ。
ステージが進んで行くと、曲が難しくなって行くので、ダンおに修行にはもってこいって感じで、「目指せ!ダン☆おにマスターってとこですね。

ダンシングおにぎり サザンクロス

なんか、このサイトにも「サザンクロス」を探すのに来てくれる人もいるようで。
かなーり前の曲なんで紹介していなかったんですけど、紹介する事にしました。
まず、場所は「猫炒飯」です。
ここの自作Flashのページの2005年01月15日(土)の記事に載っています。
もともと、サザンクロスって、3バージョンあったんですけど、現在プレイ出来るのは猫炒飯のものだけ。
最近始めた方はザンネンでした。
この曲は、なかなかカッコイイんですけど……。
某掲示板では、色々と評価が分かれるようです。
私も、こういうのは好きなんですが、運指がついていかない。
もうトシかも(T_T)

ちなみに、下で紹介したサイト、気が付いたらリンク切れが多いですね。
「猫眠_ダンシングおにぎりの方が、今だったらいいかも。

どぶウサギ&葉月ゆら

今回は、「どぶウサギ」さんの曲を紹介します。
って言っても「メイドの血と過去を刻む懐中時計」と「上海紅茶館〜Chinese Tea」です。
どぶウサギファンならみんな好きじゃないのかな?
特に、「メイドの血と過去を刻む懐中時計」の不協和音の使い方が最高ですね。
不協和音ってのは使い方次第じゃ、曲が死んでしまうから、ホント難しいのに、どぶウサギさんは見事に使いこなしていましたね。

あと、「葉月ゆら」さんも好きですね。
アノ萌え系の声もいいけど、曲のセンスがまたイイ!
誰かに見習わせたいくらいですね。
お気に入りは、初心者用として知られる「こねこのぜんしん」。
ある程度やれば、すぐにマスターできるのだけれど、また何度もやってしまいます。
もし、この記事を読んでいるあなたが、ダン☆おに初心者ならば、この曲をやってみると楽しいですよ。「かってくださいニャー」って。

ニャーで思い出したのが、猫眠さん。
この人って「ネコネム」って読むんですね。
現在の公式ブログは、「猫眠 -nekonemu- ハーモニーブログ」です。
色々とあって面白いですよ。
みるべし!!

ダンシングおにぎりと音ゲーと私

ダンシングおにぎりの世界へヨウコソ。
オマチッ!って、誰も待っていないって??
まぁ、そんな事を言わないでちょっとは見ていってくださいよ〜。せっかく来たんだし。ねっ!
ダンシングおにぎりと言えば「どぶウサギ」と言われるくらいこの人の曲は人気があります。
やっぱ、「メイドの血と過去を刻む懐中時計」でしょう。
この事も書きたいけど、「どぶウサギ」はちょっと、次まで引っ張ります。

で、今回は、音ゲーについて色々と書きますよ〜。
もともと、音ゲーってゆーと、やはり、「ビートマニア」でしょう。いや〜当時は凄かったよねぇ。
あらゆるゲーセンで、行列になるは、ギャラリーは付くは、挙句に「応援隊」なんて現象もありましたよね。
で、その後に続いて「ドラムマニア」、「ギターマニア」、「ギターフリークス」なんてのが出てきましたよね。
個人的には「ギターフリークス」が好きでしたが、その名の通り、フリークス狙いになってしまって、一般には受けませんでしたね。(^^ゞ
この頃だったかなぁ?プレステで布袋の「STOLEN SONG」が出たのは。ピック型コントローラーでね。「命は燃やし尽くす為の物」なんて好きだったなぁ。あっ、当然プレステ版のビーマニなんかも専用コントローラーでやり込みましたよ。
で、いよいよ、ダンシングおにぎりの元の「DANCE DANCE REVORUTION」が出て来ましたよね。
それまでの音ゲーはどちらかと言えばシングルプレイって感じでしたが(一部ギター&ドラムマニアでのセッションはあったけど)、ダンレボはペアでのプレイが最高でしたね(^.^)
ホントに上手い人たちは、ゲームの枠を越えて、一種のパフォーマーと化していた気さえしましたよね。いや〜ナツカシイ。
っと、気が付くと、ダンシングおにぎりとは離れていってしまいました。次は、もっとダンシングおにぎりについて書きたいと思います。

ダンシングおにぎりとは?

コンニチワ!!

みなさんは、ダンシングおにぎりって知っていますか?
直訳すると、踊るおにぎりってなります。
新しいオモチャ?って思った人は、当たらずと言えども遠からずって感じです。

まぁ、何かってゆーと、DanceDanceRevorutionのネットゲーム版です。
実際の操作は、ゲーセンのように踊るわけにはいかないので、その代わりにカーソルキー(矢印)とスペースキー(キーボード再下段のデカイの)を使います。

ネットの世界ではかなーり、有名な音ゲーなんで今更って気もしますが、このダンシングおにぎりの紹介ブログを作っていきたいと思います。

このダンシングおにぎりを知らない人や、やった事がないって人は、とりあえずこのサイトでやってみて下さい。

操作自体は簡単なのに、一度ハマるとなかなか抜け出せなくなりますヨ。

ちなみに、flashを使っているので、flash playerをインストールしてください。

では、ダンシングおにぎりの世界へどうぞ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。